大きい組織の悩み|マニュアル作成ソフトでスピーディーに|メリットしかない
男女

マニュアル作成ソフトでスピーディーに|メリットしかない

大きい組織の悩み

PCを操作する人

情報の錯綜が課題

社内の情報共有は非常に大事です。しかし組織が大きくなればなるほど情報共有をしにくくなる環境にあります。そのためどの会社も情報共有をいかに素早くそして確実に行うのかを検討しているのです。身近な情報ツールといえばメールです。しかし送信先や内容によって確実性は失われます。そのためメールは緊急度の高い個人用案件として使用することが一般的で広く周知として展開するツールとしては不向きなのです。一番理想的なのは専用のツール開発です。情報共有は社内イントラネットにおける掲示板のようなイメージになります。そして既読と未読のフラグを立てられるようになれば、利用する側にとっても利便性の高いツールになるのです。しかしこれにも課題はあります。

能動的なスタイル

書き込む権限の問題です。誰でも好きなように情報発信することができるのが一番理想なのですが、掲示板の内容が収集つかなくなる可能性が高いのです。そのため社内の情報共有の場でありながら、結果的に情報共有されないことになってしまいます。しかし一部の人に書き込み権限を与えると情報共有でなく、周知だけにとどまってしまいます。そのため情報を共有する場ではなくなってしまいます。これらはあくまでも受動的に情報を取りに行く場合の手法です。逆に情報は能動的に自分で取得しに行くスタイルなのであれば、社内の使用方法などにこだ割らずに情報掲示板を展開することも可能になります。従って、社内のルールとして情報は自分で取得しに行くというスタイルにすることが最も理想的な仕組みになるのです。