給与も自動化の時代|マニュアル作成ソフトでスピーディーに|メリットしかない
男女

マニュアル作成ソフトでスピーディーに|メリットしかない

給与も自動化の時代

男女

既存のシステムに追加

給与計算は人事の大事な業務のひとつになっています。しかし手計算で行っている会社もありますが、間違いやミスのもとになりやすいのです。そのためシステム化を図る会社が増加しています。単純に給与計算をしてくれるシステムを導入するのであれば、さほど難しいことではありません。しかし企業は給与計算から支払いまで一連のプロセスを持っています。またどの程度給与支払いにコストがかかるのかを短期的、長期的に解釈しておく必要があります。そのため過去の給与支払い実績から将来の給与支払い予定を算出し予測するなどの機能があると重宝します。そのため給与計算システムを導入する前に、そのシステムがどの程度まで活躍させるシステムにするのかを考慮しておく必要があるのです。

一から作るとコスト増

給与計算システムを独立して設計、開発するとなると莫大なコストを必要とします。マスター登録から支払い通知までの一連の作業を行わせるようなシステムの開発には、時間もコストもかかるのです。そのためすでに既存に存在するシステムを上手に利用することが最も効果的になります。既存のシステムの設計プログラムの状況によって付加価値として取り入れることができるものとできないものが存在しますが、一から設計をし直すより安価なコストで対応することができます。もし、システムを一から作り直すことを想定しているのであれば、給与計算システムを取り入れたシステム開発をする余地はありますが、それ以外のケースにおいては、現在のシステムに取り入れる方が簡単です。